045-227-8381 (営業直通)


受付時間:9:30~18:00 (土日祝除く)

SUPER TECHNOLOGY

センドマジックの機能

▼

センドマジックは電子メール配信に対する多様な社会情勢と
ニーズに柔軟に対応して今日の機能に至っています

確実な配信技術

IP自動切替え機能

各ISP、キャリアで万一ブロッキングが発生した際に、自動的に別のIPに切替を行い、高速性を損なうことなくメール配信を継続します。
また、多彩なIP切り替え方式により最適な運用が可能です。

IP自動切替え機能

グルーピング機能

センドマジックは、宛先ドメイン毎にグループを作成し、送信条件を設定することにより円滑な配信を実現します。

グルーピング機能
何故センドマジックが選ばれるか。今すぐトライアルで体験!

安全性が高いセキュア技術

DKIM認証機能

センドマジックでは、電子署名方式の送信ドメイン認証(DomainKeys Identified Mail)を利用し、メール改竄を防止します。
また、センドマジック付属のツールにより、DNSに登録する公開鍵情報を簡単に生成できます。

DKIM認証機能を利用して、確実なメール配信を実現

STARTTLS暗号機能

センドマジックは、SMTP通信の経路の暗号化(STARTTLS)に対応し、セキュアな運用が実現できます。
また、メール配信時だけではなく、メール生成アプリケーションとセンドマジック間においても、STARTTLSを使用できます。

通信経路(SMTP通信)を暗号化(STARTTLS)してセキュアな運用が可能

個人情報保護機能

センドマジックは、独自の暗号化モジュールにより、メールアドレスを暗号化して保護する高セキュリティ機能を搭載しています。
システム内には一切暗号化前のアドレスを存在させない運用が可能なため、運用を外部委託する際も安心です。

個人情報の漏洩対策
無料トライアル!いますぐこちらへ

多彩な配信機能

割り込み配信機能

緊急メールを配信したいときに、すでにメールマガジン等通常のメール配信を行っている状態でもメールを優先的に送ることが可能です。

割り込み配信

配信禁止時間帯設定機能

センドマジックは、配信禁止時間帯や送信期限設定をメール1通単位で指定が可能です。
配信禁止時間帯に設定している時間帯には再送処理(リトライ)を含め、メール配信処理を停止し、緻密に時間管理を行っています。

配信禁止時間帯設定

お客様の配信状況に合わせた、推奨設定をご提案致します。
その他、センドマジックの機能につきましては、弊社までお問い合わせ下さい。

超高速メール配信エンジン『SENDMAGIC(センドマジック)』簡単にトライアルできます。

システム構成


マルチサービス機能

1台のサーバ上で複数のセンドマジックの運用ができ、メールサーバの集約が可能です。

配信


配信プロセス

送信プロセス毎に送信先との接続設定を行うことが可能です。

ドメイングループ別
送信設定機能

ドメインごとに個別の配信設定を割り当てることができ、相手先のサーバ状態に合わせた最適な配信を行うことができます。

ブロッキング
回避機能

宛先ごとにブロッキング回避のための詳細な調整ができます。


配信禁止時間

メールを配信しない時間帯を設定でき、深夜など、受信者にとって迷惑な時間帯の配信を防ぐことができます。


予約配信

メール配信時間をあらかじめ予約することができます。


割り込み配信

大量にメール配信を行っている状態でも、緊急性の高いメールを優先的に送信することができます。


同報配信

1通のメールで複数の宛先へ高速にメールを送信することができます。


リレー送信

特定のサーバへメールを直接送信することができます。


フィルタリング

指定条件のメール配信のキャンセル、配信設定の変更が出来ます。


パイプライン処理

拡張SMTPのパイプライン処理に対応しています。


PC向け配信強化

様々なドメインへの配信に対応する機能が追加されたことで、PC向け配信がより高速化されています。


DNSキャッシュ

DNSへの参照をキャッシュし、DNSサーバへの負荷を軽減することができます。


SMTP認証
(SMTP AUTH)

メール送信時において、SMTP認証(SMTP AUTH)に対応することができます。

受信インターフェース


SMTP I/F

SMTPにより配信要求を受け付けます。


独自 I/F

センドマジック独自の高速受信インターフェースです。


クイックACK

メールの受信速度を高速化します。

ロードアベレージ
受信制御

サーバ負荷が高い場合に受信を制限することができます。


DNSキャッシュ

DNSへの参照をキャッシュし、DNSサーバへの負荷を軽減することができます。

バウンスメール


バウンスメール配信

メール送信に失敗した場合にバウンスメール送信することができます。また、バウンスメール本文は任意に作成することが出来ます。

セキュリティ


受信制限

指定のサーバー以外からの配信要求を受け付けないことにより、センドマジックの不正利用を防ぎます。

メールアドレスの
暗号化運用

メールアドレスを暗号化して運用することができ、個人情報の二次利用を防ぎます。


DKIMヘッダ付加機能

DKIM認証に利用されるDKIM-Signatureヘッダを付加出来ます。


STARTTLS機能

STARTTLS(SMTP通信経路の暗号化)に対応することが出来ます。

ログ


ログ転送

ログを他のホストへ転送することができるため、柔軟なサーバ構成をとることができます。


高速ログ出力

センドマジックの高速配信に対応した独自の高速ログシステムを採用しています。


ログフォーマット

1通1行の見やすいシンプルなログフォーマットを採用しており、特定条件のみのログ出力を行うことも出来ます。


詳細ログ

SMTPハンドシェイクのダンプ出力をすることができます。

送信結果コード
任意指定

一部の送信結果コードを任意のステータスコードに変更することが出来ます。

センドマジック制御

リアルタイム
設定変更

センドマジックを停止することなく設定を反映させることができます。

リアルタイム
設定内容確認

動作中のセンドマジックの設定情報やライセンス情報を表示することができます。

送受信プロセス
起動停止

メールの受け付けプロセスと送信プロセスを個別に起動・停止することができます。


動作状態確認

センドマジックの動作状態の確認を行うことができます。

配信待ち
メール件数表示

配信待ちキュー件数を表示することができます。

配信待ち
メール削除

キューに格納されたメールの削除を行うことができます。

配信待ち
メール設定変更

キューに格納されたメールデータのうち、指定条件に合致するメールデータの配信設定の変更を行うことが出来ます。

何故センドマジックが選ばれるか、当社システムプロデューサーがご説明します。