045-227-8381 (営業直通)


受付時間:9:30~18:00 (土日祝除く)

TECH INFORMATION

関連技術情報

▼

受信拒否されづらいメール配信を行う為には①

携帯電話は直接個人の手元にメールが届くため、迷惑メールの標的になりやすく、そのため頻繁にメールアドレスを変更される利用者も少なくありません。
また、MNPが開始されたことによりメールアドレスが変更されるケースが多くなっています。
このため、宛先不明エラーが発生しやすくなり、受信サーバから迷惑メールとみなされてしまい、受信拒否が行われ、メール配信が継続できなくなってしまうという問題がございます。

携帯電話へのメール配信では、宛先不明エラーとなる宛先を多く含む配信を行った場合に、携帯キャリアの受信サーバから迷惑メールの送信と見なされ、受信拒否されてしまうことがございます。
また、大量の宛先不明メールが原因で、キャリア側の一部設備が輻輳(ふくそう)し、メールが届かない、遅延するといった恐れもあります。

その為、定期的に情報をメール配信するなどして、既に使われなくなったメールアドレスをアドレスリストから削除し最新の状態に保つ(アドレスクリーニング)ことをお勧めします。

また、利用者が該当メールアドレスの使用をやめた後、別の利用者による再取得などでメールアドレスの所有者が変わっていることも考えらるので、情報漏えい防止の為にも定期的にアドレスクリーニングを行いましょう。

以下は、メール配信運用の際に抑えて頂きたいポイントとなります。

 1.メールアドレスを登録する際は、リストへの登録を要求するメール(空メール)を使用
 2.メールアドレスを変更した際に、登録情報の変更が可能なページの用意
 3.配信が不定期な場合は、ホームページ等を通じて、情報の確認と更新を案内
 4.メール本文内に配信停止の確認ページ誘導URLを設置
 5.メールへの返信で登録解除をリクエストできる