045-227-8381 (営業直通)


受付時間:9:30~18:00 (土日祝除く)

TECNICAL GLOSSARY

関連用語集

▼

ピリオドエスケープ処理

ピリオドエスケープ処理とは、SENDMAGICによるメール受信時のメール本文内の行先頭ピリオド文字のエスケープ処理。
SENDMAGICメール配信用語。

SMTPで受信したメールのメール本文の終端は行先頭の「半角ピリオド文字+改行」で示される。
このため、メール本文中の文章として行の先頭で半角ピリオド文字を使用したい場合には、受信メールサーバがエスケープ処理をおこなう必要がある。

SENDMAGICでは、SMMP受信でのみ注意が必要となる。
SMMPではメールデータがそのまま転送されてくるため、行先頭の半角ピリオド文字エスケープ処理を行うかそのまま転送するかを、メール配信システムにあわせて設定する必要がある。